X線管には、フィラメントを交換することで半永久的に使用できる開放管と、フィラメントの交換が不可能な密閉管の2タイプがあります。一般的に、開放管では 操作出力により差異はありますが、 200時間~500時間程度で フィラメントの交換が必要になります。 密閉管ではおおよそ5000時間以上で、X線管(密閉管)自体の交換が必要になります。